歩行指導について

多くの方はひざの痛みや股関節の痛みをはじめとした、脚に関するトラブルに対し、その痛みが起きている部分のみどうにかしようと考える傾向が強いです。

ですがその痛みとして出ている状態の多くは、あなたの普段の正しくない歩き方。

つまりひざ痛や股関節痛など痛みの部分に対しさらに負荷がかかる不自然な足の使い方が原因で起きているケースが多々あるのです。

まさか自分の歩き方が悪いのかも。とは考えたことないと思います。

ですが、字を書くとき鉛筆にも正しい持ち方があり、球技をはじめとするあらゆるスポーツや武道などにも正しい理にかなったフォームや型があることと同じように足にも理にかなった無理のない正しい歩き方があるのです。

これは生体運動力学(バイオメカニクス)と呼ばれています。

もともと人間は自然治癒力のおかげで、怪我をしても時間とともに治っていきますが、回復が思ったより遅れているときは、こういった日常生活における正しくない動きなどが原因です。

特に足というのは、家に置き換えると地盤のようなものなので、正しくない足の動きによる悪影響は足のみでなく全身に作用します。

 

 

 

正しくない歩き方でどんな疾患が起こりうるでしょう?


O脚、太ももが太い、お尻が大きくなり垂れ下がる、反り腰でおなかが出て見える。など関節痛以外にも特に女性にとってはうれしくない見た目にも作用します。

ただ、これらの症状や見た目上の問題が「正しくない歩き方のせいかも」とあなたが感じたとしても歩き方を治してくれるような所はあるでしょうか?

恐らくは都会でモデルさんに教えるような見た目を重視した教室があるくらいでしょうか
足の痛みを含めたトラブルを改善するには、しっかりとした理論がある元気になれる歩行を教えてくれる教室が求められているのです。

当センターでは体の構造上負担が少なく合理的で自然な歩き方である「屈曲歩行」「二軸歩行」をベースとした「ゆるかかと歩き(ネイティブウオーキング)」をお伝えしています。

この歩きかたは、ネイティブウォーキング協会代表の中島が、足のトラブルを本質的に改善するため、アメリカで最先端の足病医学を学び、その理論をベースに、新しく作り出した歩行指導方法です。

アメリカの足病医学のしっかりとした理論を背景に、実際の治療現場で足の疾患で苦しむ患者さんにご協力をいただいて新しく作り出したものであり、明確な治療功績があります。

 

確かに、長年身についた歩き方を変えるのは楽ではないかもしれません。

ですがその指導方法も、ここでしかないわかりやすい方法に作り上げられているのです。

当然、その方の頑張りは必要ですが、80歳を超える方も身に着けることができました。

 

足に悩みを抱えた方であればより一層、この足にとって合理的で負担の少ない今までの歩き方との違いに、戸惑う方もいらっしゃいますが、多くの方は、体験された日に「自分の足とは思えないほどの軽さ」に驚きを隠せないと思います。

 

きっとご納得いただけると思います。

 

一度ご相談ください。